Db2 HADR on GCP – Part 1 GCP インスタンス作成

1,114 views

GCP 上で IBM Db2 を使用した HADR 構成を組んでみたいと思います、特に説明する事もありませんので、IBM ID および GCP のID作成は済んでいるものとして進めさせてもらいます。

  • 手順は GCP の ID を新規で作成した状態からになりますが、特に無料枠は意識していませんのでご注意下さい!
  • 免責事項を一読してから実施して下さいね。
  • 作成したインスタンス、ディスクなどは起動・使用で料金が発生するので、使わない時は停止、もしくは削除しておく事をお勧めします。

インスタンス作成手順

各種項目設定

ナビゲーション メニュー展開画面

左上のナビゲーション メニューより “Compute Engine” -> “VM インスタンス” をクリックし、「インスタンスの作成」ページを開きます。

インスタンス作成項目設定

VM インスタンス作成画面

名前にはインスタンスの任意の名前を、リージョンは今回は “asia-northeast1(東京)”
ゾーンは “asia-northeast1-a” を選択します、他のリージョン、ゾーンでも特に問題ありません。

ブートディスク変更

ブートディスク初期画面

初期のブートディスクでは Debian GNU/Linux 10(buster) が選択されていますが、
今回は Red Hat Enterprise Linux を使用しますので、変更 をクリック

OS 選択

ブートディスク設定画面

変更画面でオペレーティングシステムに Red Hat Enterprise Linux 、バージョンに Red Hat Enterprise Linux 8 を選んだ後に選択、インスタンス作成画面に戻るので画面下にある作成をクリック、しばらく待つとインスタンスが作成されます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA