Db2 HADR on GCP – Part 11 Db2 クライアント・リルート

980 views

Part 10 で代替サーバーとリモートカタログの設定まで行いましたので、今回は HADR とクライアント・リルートの機能の組み合わせでどのような動作になるかを確認したいと思います。
それでは、よろしくお願いします。

“db2start” で Db2 を起動し、スタンバイ プライマリー の順番で “ACTIVATE DB <データベース名>” で HADR を開始しておきます、順番が逆だとエラーになりますので注意して下さい。

$ db2start
$ db2 "ACTIVATE DB <データベース名>

テスト用テーブル作成

動作確認用にテスト用のテーブルを作成するため、前回リモートカタログした HADR_R に接続します。

$ db2 "CONNECT TO HADRDB_R USER db2inst1 USING <パスワード>

新規でテスト用のテーブルを作成します

$ db2 "CREATE TABLE TEST_TAB1 (COL1 CHAR(10)"

データを入れておきます。

$ db2 "INSERT INTO TEST_TAB1 VALUES ('TEST')"

確認してみます。

$ db2 "SELECT * FROM TEST_TAB1"

COL1
----------
TEST

  1 レコードが選択されました。
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA